千葉中央駅・千葉駅近くにあるK's Styleでは、加圧トレーニング・整体・ボクシングでお客様のダイエット・アンチエイジング・血行促進・ストレス解消をサポートいたします。

REPORT レポート

キックボクシングフィットネス

『誕生日!』

また1つ歳をとってしまいました。 年男です!

先日、船橋ドラゴンジムのジムメイトの一充もブログ
https://ameblo.jp/129054/entry-12597795335.html
に書いてくれましたが、あの引退試合から11年が経ってしまいました。

主役の親父は80歳になり、少々認知症もあり、あの時のことを覚えているかは分かりませんが、相変わらず、ど天然で可愛い親父で、昨年弟夫婦のところに生まれた孫の成長を楽しみに長生きしてくれればと思います。

私はお客様と一緒に動いているので、全く体力の衰えも感じておらず、自分のトレーニングは全くしていないので、さすがに筋肉量は落ちましたが、体重も現役の頃と変わらず体脂肪も1桁台を維持しており、適度な運動と日々のケア(ストレッチやアイシングなど)、食事管理で、次の年男はいよいよ還暦ですが、
12年後も同じことを言えるか、私自身の実験であり挑戦でもあります。

スパーリング大会

【初陣!】

4月20日に新木場1st RINGで行われました。「FIELD 第1回 スパーリング大会」に参加致しました。

K's Styleからは、N様が出場し見事に勝利致しました!



N様の対戦相手の選手もそうでしたが、出場しているジムはボクシングジムばかりで、
毎日のように練習をしている選手ばかりでしたが、
当ジムは、あくまで加圧トレーニングジムですので、週1~2回の練習でしたがマンツーマンでの
パーソナルトレーニングになりますので、少ない練習でも上達が早いという利点があります。

マスボクシング(力を抜き、寸止めのパンチを放し、実際にはパンチを当てない)ではなく、実際に生きたパンチを避けたり、当てたり、より本格的なボクシングレッスンも出来ますので、
ご興味のある方はぜひ、体験トレーニングからご体験ください。

『ボクシングフィットネス』まとめ

まとめ

パンチを打つには、様々な筋肉を使いますが、特に背中の筋肉を使い、引き締まります。

またフットワークやキックは下半身を使うので、大腿部や臀部の引き締め効果を期待することができます。

パンチを打つ動作は、全身運動で脇腹や体幹も使い、息を吐きお腹にチカラも入るので、腹筋の発達も著しいでしょう。

より効果を出すには、エアーでボクシングの動きをするいわゆる“シャドーボクシング”よりもサウンドバックを打ったり、トレーナーとミット打ちをする方が衝撃もあり、

脂肪燃焼効果だけではなく、筋力アップも期待できます。

また、パンチを打つことで、気分もスッキリしストレスの解消にもなり、
お仕事帰りに気分をスッキリさせて、翌日の仕事を気持ちよく行うことができるでしょう!

◆ 消費カロリーが絶大!筋力アップ、筋肉強化!ストレス解消!

ボクシングフィットネスのメリットは多く、『K's Style』のキックボクシングフィットネスでは、ミット打ちで実際にパンチやキックを打っていただくことによって、

高消費カロリーや心肺機能の向上によるダイエットだけではなく、ミットにパンチを打つことで筋肉強化、ストレス解消をしていただけます!

今日からボクシングフィットネスを始めてみては‼︎

『ダイエットが目的の方必見!意外と知られていないボクシングの効果』 K's Styleのボクシングフィットネス‼️

以前にダイエットのコラムを書いた際に効果的にダイエットをするには、有酸素運動が大切というお話しをしましたが、有酸素運動にもウォーキングやジョギング、スイミングなどがありますが、K's Styleではキックやボクササイズなどのボクシングフィットネスをお勧めしております。

 【そのメリットは⁉︎】                                                                                                     

消費カロリーが大きいことです。

ジョギングと比較すると1.5倍〜2.0倍くらいの消費カロリーがあると言われています。

頑張って筋トレをして、ヘトヘトになっても筋トレは無酸素運動になりますので、筋トレの消費カロリーの低さを知って、驚いた方は多いのではないのでしょうか⁉︎

筋トレのメリットも様々ありますが、ダイエットには有酸素運動が効果的で、今回はボクシングフィットネスのメリットについてお話しします。

以前にそのダイエットのコラムを書いた際に「脂肪を1kg落とすのに7200kcalの運動量が必要で、約フルマラソン3回分の運動量」というお話しをしましたが、ボクシングですと体重60kgの人が、1時間ボクシングをすることで600kcal〜900kcalのカロリーを消費することができます。

ジョギングと比較すると1.5倍〜2.0倍くらいの消費カロリーが見込めます。

そのコラムの際に単純にダイエットは「摂取カロリー<消費カロリー」にしなければならないともお話ししましたが、
その為にも消費カロリーの多い運動を選ぶことは重要です。

 

IMG_1238.jpg IMG_0884.jpg IMG_0792.jpg

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

Facebook

PAGE TOP